インスタグラム

インスタグラム「Clarendon」色調を際立たせる大人気フィルターの効果とは。

インスタグラム クラレンドン

Instagram「Clarendon」のフィルター

インスタグラムのフィルター。「Clarendon」の紹介です。

ノーマルのひとつ横に位置するフィルターということで、気軽に使用でき、なおかつ効果も見てすぐ分かるとして人気があります。個人的には迷ったらコレ!という印象です。

 

Clarendonの呼び方、意味は?

Clarendonは「クラレンドン」と呼ばれます。

名前の意味はイギリスの伯爵位「Earl of Clarendon」(クラレンドン伯爵)だそうです。

ほかには地理でもクラレンドンの名前が出ています。イギリス、オーストラリア、ジャマイカ、アメリカにあります。

 

その他、フォントにもClarendonの名前があり、よく使用されているそうです。

Clarendonは、スイスのデザイナー Hermann Eidenbenzがデザインしたスラブセリフ書体。すでによく使われている書体の1つです。読み方は“クラレンドン”で、地名や人名によく使われる単語だそうです。

セリフ体ながらも、小さくても可読性が高いので辞書の見出しにもよく使われており、2006年のドコモ903iのキャンペーンや(…ちょっと違うかも?)、2012年のJALのボストン就航キャンペーンでも使われていました。

引用:フォントブログ

 

よく使う!Clarendon

画像の影(シャドウ)部分を濃く、明るい(ハイライト)部分を更に際立たせる効果があるので、インスタ映えを狙ってよく使用されるフィルターだと言えます。

どんなシチュエーションでも使えるという広い適応力があります。

無加工(ノーマル)と比較すると、コントラストの違いがよく分かります。そして色温度も少し下がり、より寒色に向く印象を持たれるかと思います。

青空の写真、街の建物などの風景にも相性がよいと言えますね~

 

インスタグラム「Clarendon」

個人的にもよく使うClarendon。人から食べ物、風景写真もこのフィルターでけっこういい感じで仕上がるという万能なイメージ。

インスタグラムのタグ検索で#clarendonを入力すると約33万件の投稿があるようです。(2020年7月現在)

 

RELATED POST