白川郷

ゴールデンウィークには白川郷に行きたいけど混雑を避けたい!おススメの宿泊場所は?

ゴールデンウィークは岐阜県・飛騨の白川郷に行きたい!おススメのお宿は?

2019年、平成も終わり、ゴールデンウィークには新元号・令和を迎えます。そして、ゴールデンウィークといえば最大10連休!まるっと取れる方もいればそうでもない方もいらっしゃると思います。

今回、大型連休であるゴールデンウィークでぜひ行ってみたい、岐阜県大野郡白川村、世界遺産の白川郷合掌造り集落。国内のみならず、海外からもたくさんの観光客が訪れます。

現存する茅葺きの屋根が特徴的、そして昔の田舎を思わせる風景が広がり、懐かしい気持ちを思い起こさせるとともに、小さいお子さんにもあぜ道や田んぼまわりにいっぱいいる生き物を見つける楽しさもあると思います。

ゴールデンウィークにはとても観光客が多くて行くにも大変、と思われるかもしれませんが、白川郷周辺には宿泊施設もたくさんあります。宿泊を踏まえて行けば、きっと楽しいゴールデンウィークを過ごせるかと思います。

白川郷周辺で宿泊

白川郷周辺には、民宿などたくさんの宿泊施設があります。囲炉裏を囲って食べる食事はかなり新鮮に感じるかと思います。

そこでの他の宿泊客とも知り合いになれる可能性もあり、色々な楽しみも出てくるかもしれませんね。


2019年に新しくオープンしたお宿です。道の駅白川郷のすぐそば。少し距離があるけど世界遺産の荻町集落にも徒歩で行くことが出来ます。

駐車場に停めるための混雑が避けられることに期待できる、そして新しくきれいな施設ということで子どもさんにも好印象に受け止められるかもしれません。

 

白川郷荻町集落の信号すぐ横にある、日帰りの温泉施設も併設される白川郷の湯。本来ならば白川郷の通りには車は規制されるのですが、ここに行くまでには規制の対象外となります。

施設内は明るくてきれいで、温泉もとても気持ちいいです。露天風呂は少し狭め、冬の時期は寒いのですが、寒い中で入る温泉は格別となっております。

 

白川村・平瀬温泉周辺で宿泊

白川郷から高山市荘川方面に国道156号線で約20分ほど。大白川温泉の源泉を引く、白川郷平瀬温泉。

道の駅飛騨白山もあり、白川郷に行く人たちの休憩場所にもなっています。


白川郷平瀬温泉にあるお宿。昭和の懐かしい雰囲気で癒し効果抜群。

平成→令和になるこの時代、昭和の懐かしい雰囲気というのは今後とても貴重になっていくのかもしれません。

 

高山市で宿泊もあり!飛騨高山と白川郷を観光する

東海北陸自動車道を使えばとても便利!かなり身近になった、飛騨高山~白川郷間。高速のICも1区間。とはいえ、その1区間はそこそこな距離で、10kmもある飛騨トンネルはじめ、たくさんのトンネルを抜けていきます。

ゴールデンウィークの時期は渋滞を避けてあえて国道156号線で走った方が距離はあるけど時間が却って短縮する可能性もある?かも。


JR高山駅にほど近い、高山桜庵。白川郷だけではなく、飛騨高山も観光したい!という方に最適。

徒歩で高山陣屋や古い町並みを散策することが出来、非常に便利な場所。JR高山駅もリニューアルされており、一度立ち寄ってみることをおススメします。

 

高山市内でも最大級の規模、高山グリーンホテル。飛騨高山で泊まる場所に困ったらまずここで間違いないと思います。

高山の街中に行くには少し距離がありますが、施設内にも大きなお土産屋さんや温泉、様々な見どころがあります。足湯は無料で利用できます。

日帰りの温泉もあり、タオル付で1000円。価格が変更されている可能性もあります。お問い合わせすることをおススメします。

 

県をまたぐ?富山の五箇山や砺波で泊まる。

白川郷は、岐阜県と富山県のほぼ県境にあり、国道156号線を走り同じく世界遺産である富山県南砺市の五箇山菅沼集落まで行くのに合計7回ほど県境をまたぐ場所があります。

カーナビで何度か富山県に入りました、とか岐阜県に入りました、のナレーションが聞こえるかもしれませんね。

高速でもやはりトンネルがたくさんあって遠く感じるかもしれませんが、五箇山ICや更に距離があるけど北陸道の砺波ICまで行くことが出来、宿泊する場所があります。白川郷周辺は早いうちに宿泊施設が予約いっぱいになることがありますが、砺波あたりまで行くとそれなりに空きがあるかと思います。


富山県南砺市、国道156号線から少し道を逸れた場所にある五箇山荘。世界遺産五箇山菅沼地区から少し砺波市方面。五箇山の菅沼地区や相倉地区を観光する場合にもおススメな宿泊施設となっています。

こちらも宿泊のほかに日帰りの温泉も対応しています。冬場に行くのが個人的おススメで、露天風呂はあまり広くはないのですが、すぐそばにたくさん雪が積もってる場所があり、雪で温泉の水温をぬるくするといったことも出来ないこともない?といった感じです。

 

砺波市でも大きいホテル。ロイヤルホテル富山砺波。以前は砺波ロイヤルホテルという名前だったはずですが、リニューアルしたようですね。

砺波の街から少し離れた高台に位置しますが、見晴らしが最高です。温泉も大浴場があります。

白川郷へ行く拠点としても使えますが、ゴールデンウィークの時期は砺波市最大のイベント、となみチューリップフェアが開催され、こちらも大変おススメなんです。開催場所の砺波チューリップ公園周辺一帯がすごく華やかできれいなチューリップで溢れかえります。

となみチューリップフェアも、非常にたくさんの観光客が訪れます。こちらもチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は岐阜県の大野郡白川村・世界遺産白川郷合掌造りで楽しむためのおススメ宿泊施設を紹介しています。

時期によってはすべての部屋が予約済み、という懸念もあるんですが、少し離れた場所ならゴールデンウィークが迫った日にちでも空いてることがあるかもしれません。紹介しきれていない場所がまだたくさんあります。

色々な旅行サイトを見て回って、ぜひここだ!といった場所を探してゴールデンウィークを楽しんでくださいね!

平成最後、そして令和に突入!という時期のゴールデンウィーク、ぜひとも思い出深い連休にしたいですね。事故やトラブルなどにはじゅうぶんお気をつけてください。


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。