ビットコインを無料でゲットする、Tadacoinについてのお話。

無料でビットコインがもらえる「Tadacoin」の話。

仮想通貨(暗号通貨・暗号資産とも)の代表格である、ビットコイン(BTC)

2017年12月ごろに仮想通貨のバブルが到来し、一時期は1枚のビットコインが240万円の価格が付きました。2019年3月現在では41万~44万あたりをヨコヨコで動いている状態です。

通常はビットコインなどの仮想通貨は国内、もしくは海外の仮想通貨取引所で取引をして売買するのですが、今回は無料でビットコインがもらえるサイト、蛇口サイト(Faucet)の紹介です。

 

30分に一度!無料でビットコインがもらえる蛇口サイト

「Tadacoin」(タダコイン)と呼ばれるサイトがあります。Tadacoinは日本発のビットコインがもらえる蛇口サイト(Faucet→蛇口)で、仮想通貨に詳しくない初心者の方でも使いやすい仕様になっています。

Faucet(蛇口)とは、無料でちょっとずつの仮想通貨がもらえるサイトの総称であり、蛇口をひねると仮想通貨が出るというイメージです。

海外でも蛇口サイトはたくさんあるんですが広告の出方が色々いやらしく、初心者の方にはあまりおススメできませんが、こちらの国内のTadacoinは広告はあれど、変な誘導とか無いので安心できると思います。

 

30分に一度、ボタンを押すことにより少量のビットコインがもらえます。

Tadacoinの登録方法

Tadacoinに登録する方法としては、TwitterなどのSNS認証、もしくはメールアドレスで登録の方法があります。個人的にはTwitterの認証で登録しています。

新規登録が済んだら、すぐにビットコインが無料で入手することができます。

画面のずっと下の方に

「すぐにBitcoinをもらう」

の項目があるので、私はロボットではありませんにチェックを入れ、Get Bitcoin!を押すとビットコインが入手できます。

 

Get Bitcoin!のほかに、ダブルアップチャンスが出来るボタンも併設されてあり、こちらを押すと普段もらえるビットコインが2倍になるか、受け取れずに終了!というものがあります。

個人的にはだいたい8:2くらいの割合でもらえないので、普通にGet Bitcoin!のボタンを選んだ方がおススメです。

Tadacoin

アプリ、ゲームやサイトの登録などで大量にビットコインをもらう

と、無料でビットコインがもらえるのはいいな!と思いますが、30分に1度、ボタンを押してもらえる額は、日本円にしてほぼ1円未満という、あまりにも効率がよくないものであり、根気のいる作業になります。

Tadacoin内で紹介されているアプリやゲームなどの登録で数千~数十万satoshiがもらえる場合もあります。

(Satoshi:ビットコインの少数点以下の単位、ビットコインの創案者の名前から)

個人的にもゲームなどの登録やアンケートモニター的なことをこなしてみたらそれなりのビットコインを頂くことができました。

登録すればするほど、30分に一度もらえるビットコインの価格も上がり、貯まるのが早くなっていきます。

 

まとめ

国内発の無料でビットコインがもらえるサイト「Tadacoin」の紹介でした。

実際に個人的にも10万Satoshi以上(0.001BTC)貯めることが出来て、他の仮想通貨取引所にビットコインを送金することが出来ました。

しかし、Tadacoinにもデメリット的なものが少々あり、人気が出すぎてたまにサイトが落ちるとか、あとはまだ手探りな状態もあるような感じで、Tadacoin側とユーザー両方で一緒に作り上げていこう!というイメージもありますね。

Tadacoinの公式Twitterも様々な意見がリプ欄で投稿され、様々なコミュニケーションがされています。

時々、Tadacoin内でイベントも行われ、クリスマスやバレンタインなどの時期には特別にビットコインが配布されるなど、色々な試みが行われ、とても面白みがあるサイトかと思います。

 

無料でビットコインをもらう、だけではなく、アプリなどの登録や時期的なイベントなどで特別な配布など、色々楽しめるTadacoin、登録してみてはいかがでしょうか。

たくさん貯めて仮想通貨取引所に送金して、仮想通貨投資を始めてみても面白いかと思います。初期投資0円で爆益も目指せるの・・・かも。

 

Tadacoinの登録はこちらから↓

Tadacoin

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。