WordPressでアイキャッチ画面を簡単に作るプラグイン「Featured Image Generator」

アイキャッチを手間かけずに設定する!というプラグイン「Featured Image Generator」を使ってみた!

ブログの運営をしている時に、すごく重要なんだけどなんだか若干面倒なイメージもある「アイキャッチ

今時のブログはタイトルの下にアイキャッチが無いと印象も残りにくいし、文章の合間に画像を入れることによって読む側にもひと段落つける、ブログの内容に合った画像でよりイメージを膨らませるという役目があります。今回そのアイキャッチを選出、設定を簡単に出来るプラグインを使い始めたので紹介します。

Featured Image Generator」というプラグインです。

 

今まで作ってたアイキャッチ

写真も自分で撮って、RAW画像をレタッチしてJPEG画像に変換して、サイズ決めて、文字まで入れるのめんどくさいわ!と入れたり入れなかったりで作り、ようやくWordPressでファイルをアップロードして使っていました。慣れればこんなもんかと思いつつ、これ省けばけっこう時短だよねぇと感じていました。

しかし、このプラグイン「Featured Image Generator」を使ってみたら、そんな作業がだいぶ楽になりました。

WordPress内で画像を選出、サイズ決め、果てはフィルターや文字もそこで設定、ライブラリに保存。そしてアイキャッチ画像を選択するといった流れです。

画像の選出は「Unslash」という無料素材サイトから選びます。どうしても自分の写真使いたい!ってことが無ければとても便利です。

 

Featured Image Generatorの使い方

プラグインの新規追加から「Featured Image Generator」を検索。インストールして有効化。

すると、ブログの記事編集画面の右下にいつもあるアイキャッチ画像を設定の下にFeatured Image Generatorの文字が追加されています。

 

左上に3つのタブがあり、「Editor」「Unslash」「Pixabay」(PRO)があります。Pixabayの横にPROってありますが、PROは有料で使用できる機能のようです。

Pixabayも使えるのはけっこう便利なのですが、あれは画像検索でたまにそんなん求めてねぇ!みたいな画像が出てくるかも。Pixabay自体は無料のはずですが、Featured Image Generatorで使うとなるとなぜか有料なんですね~

なので、Unslashだけでじゅうぶんだと思われます。

 

Unslash」タブを選択して、その下に「Enter Keyword」が表示されているところで欲しい画像のキーワードを入れます。今回はプラグインに関してなので「plug」にしました。すると、なんだかプラグ関連の記事が出てきましたね。

画像にマウスを乗せると「Choose」という単語が出るのでクリック。「Editor」に切り替わります。

ここで、画像のサイズやフィルター、文字の設定が出来ます。

画面では見えてないんですが、左上に「Thumb Width」と「Thumb Height」の設定。横と縦のサイズを設定できます。

左側に「Filter」「Caption」画像にフィルターをかけられます。色の設定もできます。文字を際立たせる感じで暗くするのに使えます。Captionは文字の設定。文字を打って、Left、Top、Font Sizeで位置と大きさ決め。Photoshop使ってるとつい文字をドラッグしてしまいたくなるんですが、それでは動かないこのもどかしさ!

フォントの設定が、ダッシュボードの設定にある中で変更できるようになっています。少しめんどい印象。Editorで変更できればもっと便利!

 

画像の作成が終わったら、また画像では見えないんですが左下の「Save the Media」で保存。

ライブラリに保存しますか?という英語で確認が出てくるのでOKを押します。これで画像がメディアライブラリに保存されました。

 

あとは、普段と同じくアイキャッチ画像の設定を行って先ほど作った画像を指定すれば完成です。おつかれさまです!

 

まとめ

無料版、そして有料版とありますが、画像のアイキャッチを簡単、迅速に作りたいのであれば無料版でもじゅうぶん。

ブログの内容にもよりますが、けっこうアイキャッチのイメージって記事を書く側にとって悩みどころのひとつだと思います。画像用意できないし、そのへんの落ちてる画像持ってったら著作権絡むと非常に大変なことになるし・・・ということになりますが、Featured Image Generatorを使えばほぼほぼ解決できると思います。

フリーの素材サイトをWordPress内で取り扱える、更にフィルターや文字も入力、ともうこれは手放せないプラグインではなかろうかと思います。

 

ちなみに今回はお試しで使ってみたので画像に文字は入れていません。入れるとしたら

「アイキャッチ画像を簡単に作る!Featured Image Generatorの使い方!!」みたいにすれば分かりやすいかなーという印象ですね。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。