TCDのWordPressテーマ「MAG」をブログに使用。初心者からアルファブロガーにまで選ばれる理由

TCDのWordPressテーマ「MAG」で簡単に見やすくて素晴らしいブログが作れます!

WordPressのテンプレートで有名どころといえば「TCD」です。個人的にも数個のテンプレートを利用させていただいています。

今回は、ブロガー必見!の見やすくてデザインも素晴らしいテンプレート「MAG」を紹介したいと思います。

ここGOSHU-RANKではTCDのWordPressテーマの「CORE」(tcd027)を利用させていただいてますが、個人の雑記的なブログでは「MAG」(tcd036)で作っています。

 

TCDテーマ「MAG」の特徴

ブログのアクセスアップを主軸に置き、
広告収入を底上げするためのすべての機能を搭載したブロガーのためのWordPressテーマ「MAG」

見た目のインパクト、広告配置や高度な管理機能、無駄なスペースのないレイアウトなど
ヘッダーからフッターまで1pxのレベルから精査して作られています。
運営者のセンスと個性によって表情を変える「MAG」は、
人気ブロガーを目指すアフィリエイターの為だけに作られた一流のブログテンプレートです。

引用:TCD

TCDのMAGを利用したいと思い始めたのは、過去にはてなブログPRO(有料版)を利用していた頃のデザインに通ずるものがあり、とても構成しやすい印象でした。

そしてWordPressに少し慣れ始めた頃もあり、しかも広告などの位置、ウィジェットの位置も好きに配置できるなどの様々な要素があり、これもかなり一目惚れ要素が強かったですね!

様々なアルファブロガー(影響力が強いブロガーのこと)の方々もMAGを利用していることが多く、デザインが変わっていたとしても基軸はMAGが使われてるかも、となんとなく察することが出来るものもあります。実際に使ってると公言している方も見られるようです。

 

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

 

 

MAGで使用できる様々な要素

  • カラム数設定

MAGのテンプレートはダウンロードして有効化しただけではただのシンプルなブログではありますが、カラム数の設定(全4種)からカスタマイズできます。シンプルにサイドバーが右に表示される右2カラム、そして逆の左2カラム、左右サイドバーの3カラム、右に2つのサイドバー3カラムとなっています。

右に2つの3カラムはここの「CORE」の記事ページとほぼ同じ構成になっているようですね。個人的にはやはり王道かつシンプルの右2カラムを利用しています。

 

  • 広告の設定

TCDのテーマにもよりますが、MAGは記事内に広告を挿入することができます。いや普通にどんなブログでも出来ると思われますが、「外観」のTCDテーマオプションからの記事ページ設定で広告の設定が可能になっており、記事下部、記事ページ一番下、そして記事内の任意の場所に設置できるコードで広告を挿入することができるようになっています。

ショートコードで挿入できるのでとても簡単、しかも収益率が上がるのを実感した経験があるのでこれは非常に効果的だと個人的に思います。

Googleアドセンスや、Amazonや楽天ウィジェットの他、紹介したい企業の広告も張ることが出来ます。

 

  • 見出しなどのデザインが記事作成時点で視覚的にわかる

ブログ記事を作るにあたって、見出しなどの設定はSEO対策などにとても重要なのですが、WordPressの記事編集画面の段落タブでh1~h6(見出し1~見出し6)を指定するとそのまま大きい文字で表示されます。

MAGで編集する際は見出しデザインを視覚的に表示させることが可能、更に過去記事のリンクやYouTube動画、フラットボタンの設定も簡単に出来るようになっています。これは非常に便利な機能です。ちなみにCOREにはデフォルトには付いてないのです。

 

その他にも書ききれないほどのたくさんの要素があり、長く付き合っていくほど良さがどんどん分かっていくという感じだと思います。

 

正直、知識より感覚で作れる

TCDのテーマはMAGだけじゃなくて他のテーマでも「知識より感覚」で作る印象が強いです。

細かいところはPHPを少し改変する必要が出てくることもありますが、基本的にはそのへんは何も触らなくてもブログ運営が出来、しかも広告の収益も見込めるという非常にこれ反則じゃないか!と言われるくらいのWordPressテーマだと思います。

個人的にTCDのテンプレートは他にも数個利用していますが、どれも目的に応じてしっかりと効果が出ています。

 

TCDのWordPressテーマは有料で、実は高価なものもあったりしますが、しっかり作って運営していけばそのテンプレートにかけた価値はかならず結果として反映してきます。よく無料で全部なんとかなればいいといった考えを持っている方をネットでもリアルでも見かけるんですが、そんな考えを持っている方にこそ実際対価を払ってでも利用してみていただきたいテーマだと考えております。

 

TCD WordPressテーマ「MAG」はこちらから↓

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。