• グルメ
  • 食品、飲料、レストラン、スイーツなど、飲食関連

お盆に帰省する時にお土産で持っていきたいおススメのお菓子

お盆に帰省する時におススメするお土産

8月になると、そろそろお盆の時期ということで、やはり

「お盆に帰省する時のお土産どうしよう」

と考えてしまいますよね。帰省する場所にもよりますが、都内から地方へ帰省するというパターンはやはり多いと思いますし、そうでないとしても、ご当地の名物やグルメなどを考えると思います。

今回、帰省に伴うお土産の選び方、通販でも手に入れられるものなど、おススメのものを紹介しようと思います。

 

手土産ってどれくらいのものを持っていけば・・

いつも手土産で困るのは、「予算」と「品物」です。予算に関しては高すぎると却って気を遣わせる結果になるし、品物もデパートなどで適当に売れ筋のを選んでみたら、他の親戚と被った!というなんとも気まずい結果になり得ることもあるかもしれません。親戚が多いとなると、一気に難易度が上がります。

予算としてはだいたい安くても1000円~2000円以上のものを持っていくと言われています。あるアンケートの結果で統計をとったそうです。

と、いうことで、実家、義実家に持っていくお土産としてどのへんを持っていけば・・・と個人的な考察も兼ねて紹介していこうと思います。

 

  • 和菓子

王道、かつだいたいハズレが無いのがお菓子系。両親、義両親にスポットを当てれば和菓子系がよさそう。住んでる場所に名産のお菓子などがあるとかなり喜ばれると思います。



和菓子なら小分けが出来るタイプのお大福などがおススメです。

物によっては日持ちがしない場合もあります。通販などで帰省する直前に頼んでおくのもよさそうです。

 

  • 洋菓子

クッキーなどの個包装でたくさん入っている洋菓子系も人気で、実家に兄弟家族がたくさん集まる場合は数で勝負といったところです。

洋菓子系だと子どもさんにも比較的受けがよい傾向にあります。日持ちが心配なところですが、ケーキ系だと注目度が上がるかもしれません。



個人的にですが、お土産に頂いてかなり衝撃をうけたのがこのルタオのドゥーブルフロマージュ。北海道のお土産としてかなりメジャーな洋菓子ではあるのですが、これを持って行って評判が悪いわけがない。というくらいの美味しく素晴らしいお菓子です。

むしろお土産に持っていくけど自分のぶんもちゃっかりキープしておくタイプのお菓子です。

 

まとめ

自分の親だと、まーなんでもいいわーという感じになりますが、それくらいならいっそのこと事前に連絡をとり

「お土産なにがいい?」

とぶっちゃけて聞くことも出来ますが、義実家へ帰省となる場合はなかなかそうもいきません。配偶者の方に間接的に尋ねるのも手ですが、やはり相手が何をもらえたら喜んでくれるかな~と考えを巡らすことも大事だと思います。

 

ちなみにうちは岐阜なのですが、両実家とも同じ岐阜であり、地元特産品のお土産!みたいな感じというよりかは、上述であるような敢えて他地域の有名なお菓子を選ぶのもいいかな、と思います。

よかったら、参考にしてもらえればと思います。

 

今回例に紹介したお菓子

和菓子:南陽軒

岐阜県の東濃地方の和菓子屋さん。栗が有名で秋頃に販売される栗きんとんは遠方からのお客さんや通販でも絶大な人気を誇ります。

 

洋菓子:ルタオ

北海道は様々なお菓子メーカーがありますが、ルタオはその中でもかなりメジャーな存在。ドゥーブルフロマージュは一度食べたら忘れられなく、リピーターがとても多いと評判。デパートなどで行われる北海道グルメ展といったようなイベントではよく見かけます。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。