• グルメ
  • 食品、飲料、レストラン、スイーツなど、飲食関連
  • HOME
  • ブログ
  • グルメ
  • KIRINの「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」を飲んでみたんだけど・・

KIRINの「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」を飲んでみたんだけど・・

麦茶の味がするコーヒー?いやコーヒーの味がする麦茶なのか・・?

今回新発売する「世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA」は、スペイン・レバンテ地方の「アグア・デ・セバダ」の製法にインスピレーションを得ました。「アグア・デ・セバダ」は、「大麦」の麦芽を深く焙煎して粉砕し、柑橘のピールと一緒に鍋で煮出して作り、“麦のコーヒー”として愛されています。日本人にとって昔から馴染みが深い「大麦」という素材に着目し、原料にコーヒー豆を使わず、「大麦」を使い、コーヒーの製法を取り入れることで、麦の新しいおいしさを引き出した新商品です。

引用:KIRIN

世界のkitchenから 麦のカフェ CEBADA」が2018年7月24日に新発売されました。コンビニやスーパーなどで販売されている状態を見たことがある方も多いかもしれません。

麦で作られたコーヒーのような味わいで、カフェインを気にしなくても飲むことのできるデカフェの効果が期待されています。実際スターバックスコーヒーなどでもスタンダードなメニューをデカフェでオーダーする方も女性を中心に増えているようです。

と、とくに事前の知識を持っていたわけでもなかったのですが、ちょうど発売日少し過ぎた頃、この麦のカフェCEBADAを購入したので飲んでみました。

 

麦でコーヒーを飲んだ気分になれる

大麦をコーヒーの製法で仕上げているというこのCEBADA。ちなみにCEBADAは「大麦」という意味なんだそうです。

果たして、コーヒーの製法だけで大麦がコーヒーになるのか!と気にはなるところなのですが・・

 

けっこうコーヒーだった

 

コーヒーなのか、麦茶なのか、と言われれば、う~ん、どっちも・・みたいななんだかどっちかな的な反応ですが、どちらかというとちょっとだけ麦茶寄り、だけどコーヒーの香りがするというなんともどっちつかずな印象でしかないんだけど、もうこれは気分次第ということではなかろうか、と思います。

しかし、今年の夏はもうどこまでも暑いし、この際どちらでもいい気がしてきます。

コーヒーだとカフェインが気になるし、ジュースでは飲みすぎにちょっと・・と思う場合、このCEBADAは一気に飲んでしまってもいいし、仕事などで傍らに置いて少しずつ飲んでもよさそうな印象です。カロリーもゼロなので安心して飲めます。

まあ。お茶と割り切って飲むには苦いかな、という気もします。

 

世界のkitchenから 麦のカフェ CEBADAに対する評価

「麦茶のほうが・・」

「コーヒーじゃねえ!」

「無理!」

という低評価の意見も見られる反面

「食事に合いそう」

「スッキリしてる」

「意外にくせになりそう」

と、高評価の意見も見られ、好き嫌いが分かれる感じです。だいたい目新しい感じの商品は得てして極端に意見が分かれるところではあるとは思います。

個人的には、まあ常飲はしないけど、なんとなく気が向いた時は買って飲むかも。ただコンビニなどに置いてある価格ではおそらく買わないであろう、といったところですね。

 

麦のカフェ CEBADA

1.商品名「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA」

2.発売地域全国

3.発売日2018年7月24日(火)

4.容量・容器600ml・ペットボトル

5.価格 140円
(消費税抜き希望小売価格)

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。