高品質の画像数膨大!億を超える枚数を誇る世界的ストックフォト「Shutterstock」とは。

写真素材サイト「Shutterstock」に登録してみた!

Shutterstock(シャッターストック)というストックフォトの写真素材サイトがあります。

Shutterstockとは、アメリカのニューヨークに本社があり、写真画像や動画素材を販売している会社。もちろん日本国内でも使用できます。

素材数もとても膨大であり、2018年7月の記事執筆現在では208,766,871点のロイヤリティフリーの画像があり、週で追加された画像が1,429,513点と表記されています。

まさかの2億越えという画像が利用できるということで、これはもう写真素材とか被ることがないんじゃないか!と思うほどですね。しかも週に140万以上の画像が追加されているようです。膨大すぎる!このまま宇宙全体の星の数ほど増えるのではないかと!と、宇宙全体の星の数を把握しているわけではありませんが、それくらいスゴイ数です。

ちなみに個人的によくチェックしているPIXTAですら3450万枚ですから、その量はもはや暴力的ではないかと!



素材の数が圧倒的

ブログなどでよく見かけるアイキャッチ画像で外国人のモデルさんが多少仰々しいアクションをしているような感じのものがありますが、おそらくほぼShutterstockではなかろうかと思います。

様々な国籍の人たち、老若男女たくさんのモデルさんが様々なシチュエーションで登録されています。どの画像もクオリティが高く、一瞬で目を引くものばかり。自分のWebサイトに利用できればとても素晴らしい内容に見違える!と思います。

チェックしようとした画像を見逃すと、もう2度と会えないような気がするくらいの画像数は見て圧巻だと感じますね。

 

有料であることのメリット、無料であることのデメリット

画像などの素材サイトで気になるのは、やはり有料なのか無料なのかというところだと思います。これは数多くのWebデザイナーやブロガーがいちばん気にするところではないだろうかと思います。個人的にも、そりゃ出来れば無料がいいわね!と思うことは多少なりともあるのですが、やはり無料で素材を使おうと思うとそれなりにデメリットがあるのです。

 

ひとつは、著作権などに対する懸念。検索でよさそうな画像を見つけたとしても、転載禁止などの制約はやはりあります。

それならば無料の素材サイト使えばいいんじゃない?という気もしますが、大雑把なイメージ画像は見つかるかもしれませんが、自分の求めているイメージ、というのが実は意外に見つからないものなのです。

海外の無料素材サイトでPixabayを使うことはあるのですが、若干日本語に対応しつつも、コレジャナイ感がよくあるんですね。しかもそのコレジャナイ感の画像集の上部にShutterstockがもうホント上手にイメージ通りの画像出してくるもんだからね!これスゴイ。色んな意味で。Pixabayもイメージ通りの画像はあるんですが、正確性を求めるならやはりShutterstockなのではないでしょうか。

 

年間のプランと月額のプラン

Shutterstockでは年間のプランと月額のプランがあります。

若干年間プランのほうが安価なのですが、月額は年単位ではなく月単位なのでキャンセルの幅が柔軟です。どちらも月にダウンロードできる画像の枚数は同じです。

 

  • 年間プラン イメージ

 

  • 月額プラン イメージ

引用:Shutterstock

画像にカネ出すのは・・というのはやはり無料のブログで日記を書くユーザーさんなら致し方ないことですが、大手のウェブマガジン系であればこのくらいの出費は造作もないことかと!高画質の画像が1枚33円~はアツイ!

個人的には年間プランの350枚/月がいちばんおススメかと思います。まぁしかし350枚もフルでダウンロードできるのかどうかといえば、どうだろう・・とも思いますが。

 

一応、無料の画像もある

たまに無料ダウンロードできる画像があるようです。

でもやはり、記事の内容に沿うようなイメージ画像は有料から購入したほうがよさそうです。

 

Shutterstock



 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。