写真素材サイトの「PIXTA」 ウェブサイトやブログ、広告作成におススメ

写真素材のおススメ。画像・動画の素材サイト「PIXTA」

ウェブサイト、ブログ、そして広告作成などに写真を使用したい場合、自分で写真を撮って使用できれば理想ですが、なかなかそういうわけにもいかないことありますよね。携帯電話のカメラだとちょっと・・・だし、かといって、プロのカメラマンに撮影を依頼すると手間もお金もかかります。

そこで、便利なのがストックフォトと呼ばれる写真素材サイトを利用すると便利です。

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。

無料の素材については、基本的にストックフォトと呼ばない。

引用:wikipedia

個人的によく利用しているストックフォトのサービスが「PIXTA」(ピクスタ)と呼ばれる有料の画像サイトです。



 

PIXTA(ピクスタ)とは

写真、イラスト、そして動画も取り扱う有料の画像販売サイトです。

ブログなどを運営する方の中には、写真くらいそのへんで拾ってくればタダじゃんね!と思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば画像のクオリティが微妙だったりとか、著作権に抵触するとか、これ見たことあるね!といった画像が散見される場合もあります。

個人的な話なのですが、自分で撮影、投稿されている写真を無断で使用されたことがあります。あまり気分のよいものではありません。

有料の写真素材、ストックフォトのサービスであれば、ロイヤリティフリーが確約されているので規約の範囲内で自由に利用できます。

ロイヤリティフリー(royalty-free)とは、事前に取り決められた使用許諾範囲内であれば、知的所有権に関する追加の使用料(ロイヤルティー)の発生が免除されている著作物や技術のこと。

引用:wikipedia

個人的利用も、商用の利用も可能です。

 

イメージに見合う画像が見つけやすい

PIXTAは、膨大な写真素材やイラスト、動画が登録されてあり、検索で自分のイメージに合うものを探すことが出来ます。

無料のフリー素材だと、検索してもなんか違う・・っていうようなことがよくあります(個人的主観)

そして、高画質、高品質、更に同じ写真でもシチュエーションであったり背景などが微妙に違うものがあり、他のウェブサイトで同じ画像が使われているーといったことが少なくなります。

大手のウェブサイトでもPIXTAの画像を使用されていることもよく見かけますし、あるドキュメント番組でもスタッフロールの中にPIXTAの名前を見かけることがあったりもします。

 

デメリットをあげるとすれば

PIXTAが高画質、高品質で素晴らしい写真が目白押しではあるのですが、やはり気になるのは価格です。前述のとおり、写真素材にお金をかけることに抵抗がある方だとかなり高額に思われるかもしれません。

写真単体だと、最安で540円(サイズごとで価格がかわる)です。

しかし、定額プランがあり、画像サイズに関係なく、月単位で制限範囲までの画像をダウンロードすることが出来ます。

 

クリエイターとして登録しています

ちなみに、前述であった個人的によく利用しているというのは主に写真素材を登録している方(クリエイター)として利用しています。

PIXTAでは写真素材を提供するクリエイターの登録もあり、多くの方が日々たくさんの写真を登録しております。

クリエイター登録、そして写真の登録にもある程度条件があり、厳しい審査を通ったものだけがPIXTAで利用することが出来るのです。

 

PIXTAはこちら↓



 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。